無頼派メガネネットには教養を、リアルには感動を。あなたのリアルを書き換えるブロマガ、無頼派メガネをお届けします。 

【九森信造】宮部みゆき『地下街の雨』【高城亜樹】

   ↑  2013/07/31 (水)  カテゴリー: ナツイチ
どうして、ナツイチとタイアップしたか前編~あきちゃと九森信造~

集英社文庫のキャンペーン「ナツイチ」が、今年はAKBとコラボしており、メンバーによる読書感想文が公開されています。当ブログ、無頼派メガネも勝手にタイアップすることにしました。

ナツイチとはいえ、今回のAKBとのコラボ、はっきり言えば「宮部みゆき」と「高城亜樹」のコラボがなければ、当ブログのタイアップ企画も生まれなかったでしょう。

実は、私、あきちゃこと高城亜樹の魅力にかなり前からやられております。

まずは、来歴などを書くのもいいんですが、最近のアイドルにしては珍しい褐色の肌。それもそうで、高校の進学をテニスのスポーツ推薦で決めたという経歴の持ち主。

いや、それよりも何よりも、私が彼女に心底魅かれたのは、あるテレビ番組の企画でした。

その番組は、AKBの冠深夜番組、AKBINGOで2010年5月に放送されたドッキリ企画。あきちゃの先輩であるチームAのキャプテン高橋みなみの目の前で大島優子がギターを壊すドッキリ企画であきちゃは完全に巻き込まれる立場でした。

先輩の大島優子がギターを触るのを止めることができず、危なっかしい使い方をソワソワしながらフォローしたり、壊れた後は、なんとか修理しようとしてもうまくいかない。

そして、ドッキリが終わった後は、ドッキリに仕掛けられた高橋みなみ以上の号泣。。。

見てみないとわからないと思いますが、画面内外から伝わってくるあきちゃの人間性に「この子、純粋に応援したいな」と思うようになったわけです。

どうして、ナツイチとタイアップしたか後編~あきちゃと九森信造~

2011年10月3日、あきちゃの20歳の誕生日に私、九森信造はある決断をいたしました。

「あきちゃのこれからの芸能生活を支えるような良著(自分の好きな作品)を送ろう」

そうして選んだのが、私の最も好きな作家である、宮部みゆきの『クロスファイア』でした。

確かに「中2病」として嘲笑に値するかもしれません。しかし、私はこのクロスオーバーを見て、勝手にタイアップ企画を決意したのです!

読書のきっかけと感性

あきちゃの読書感想文のこうはじまります。

「前に宮部みゆきさんの本は数冊読んだことがあって、現実的でありながら少し奇妙な印象を受ける作品が多く感じられました。今回の本は、短編小説。この一冊に宮部みゆきさんワールドがたくさん詰まっている作品でした。」


まあ、この時点で「僕の送ったクロスファイアが彼女の読書人生の一つのきっかけになっていたらなあ」と夢想したりします。

さて、きちんと書評に入っていきましょう。

このあきちゃの感想はあながち的外れではありません。

なぜなら、以前宮部みゆきはこういう趣旨のことを語っていたからです。

「どんな人物を描いたところで、結局、自分の中からしか出てこない人物であれば、思い切って描いてしまえと思うんです。」


これは、まさに、あきちゃが感じた「宮部みゆきさんワールド」の真骨頂であろうと思います。

「現実的でありながら少し奇妙」に見えるのは、宮部さんが良い意味で作品中で暴走することを感性のレベルで感じ取ったからでしょう。

あきちゃの恋愛観

『地下街の雨』の内容に触れるとしましょう。主要な登場人物は、同僚と婚約が破談になり会社を辞めた三浦麻子、その同僚の友人である石川淳史、そして森井曜子という謎の女性です。


地下街の雨 (集英社文庫)


ストーリーの要諦はあきちゃの感想文を引用すれば事足りるでしょう。

「この森井曜子は、物語の中ではすごく強烈なキャラクターです。第一印象は、物静かな女性っぽい雰囲気だったけど、虚言癖や妄想癖があるキャラクターに変貌する。その片隅が見えてきたのが「顔の片側で敦史に笑いかけ、残る片方で、麻子をねめつけている」というシーンです。宮部みゆきさんワールドであって、少し人間的に怖いと思いました。物語が進むにつれ、話が急展開し、麻子の今の彼氏である石川敦史と森井曜子が知り合いで、三浦麻子に近づくために計画された行動、芝居であったのです!」


宮部作品の醍醐味の一つは、複雑怪奇に絡み合う登場人物の思惑です。誰一人として一筋縄ではいかない。そこを良くおわかりになっている感想です。

一方で、あきちゃは等身大の自分としての感想も述べます。

「女性だからこそ、どうすれば敦史に興味を示すのかという奥深い考えと、男性だったら積極的な人がいいな、と思いながら物語の世界に吸い込まれて、楽しめた短編小説でした。」


また、物語終盤に麻子と淳史の間にこのようなやり取りがあります。

(麻子)「探しちゃった?」
(淳史)「うん」
(麻子)「心配した?」
(淳史)「そうだよ。当たり前じゃないか」


麻子が淳史に魅かれた理由はこの点だったのでしょう。

つまり、「私はこの人なしでも生きていけるかもしれないけど、この人は私なしでは生きてけるはずがない」と思える関係性こそ、麻子が淳史に魅かれた理由だったと思います。

きっと、あきちゃの周りにもいずれ、あきちゃなしでは生きていけない男性が現れるでしょう。

その時、たとえ、あなたがびしょ濡れでも、傘を持った彼にやさしく微笑んで、傘を受け取ってあげてくださいね。

【ナツイチ図書室 AKB48 読書感想文大公開】高城 亜樹の課題図書「地下街の雨」の読書感想文はこちら!

(記事編集) http://buraihamegane.jp/blog-entry-28.html

2013/07/31 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑↑↑ |

コメントを投稿する
記事:【九森信造】宮部みゆき『地下街の雨』【高城亜樹】

お気軽にコメントをどうぞ。非公開(管理人のみ閲覧可能なコメント)にしたい場合は、ロックにチェックを入れてください。

  任意:後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人のみ閲覧可能)