無頼派メガネネットには教養を、リアルには感動を。あなたのリアルを書き換えるブロマガ、無頼派メガネをお届けします。 

【エトジュン】恋と愛の違いについて結論が出ました。

   ↑  2014/08/08 (金)  カテゴリー: エトジュン
恋愛はギブアンドテイクの関係であり、私のギブは相手のテイクによって成就します。テイクはギブを成就させる行為なのです。

恋愛における4つの行為「あたえる、うけとる、もとめる、こたえる」をギブアンドテイクで表せば「あたえる(ギブ)、うけとる(テイク)、もとめる(テイク)、こたえる(ギブ)」ということになるでしょう。

さて、私たちは恋愛の最中で「ギブする喜び」を感じています。あたえる喜び、こたえる喜びともいえるでしょう。

そしてそれは、相手のテイクが私のギブを成就させることで生じています。テイクはギブを成就させ「ギブする喜び」を「あたえる」行為なのです。

また、筆者の考えでは、ギブすることは「恋すること」であり、テイクすることは「愛すること」です。私のギブ(恋)は、相手のテイク(愛)によって成就するのです。

それでは、恋愛の具体的な例として『新世紀エヴァンゲリオン(エヴァ)』と『魔法少女まどか☆マギカ(まどマギ)』を見てみましょう。

前者の主題は「あれ?アスカって俺のこと好きだったのか」であり、後者の主題は「あれ?ほむらちゃんって俺のこと好きだったのか。ありがとう」でした。

『まどマギ』には「ありがとう(うけとる)」がありました。この一点において「まどマギはエヴァを超えた」といえるでしょう。

さらに、映画『魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語』の主題は「もう一度あなたに会いたい(もとめる)」でした。

このように『まどマギ』は、ふたつのテイク(うけとる、もとめる)を描いた作品だといえます。筆者はそれを愛と呼んでいるのです。

(記事編集) http://buraihamegane.jp/blog-entry-48.html

2014/08/08 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑↑↑ |

コメントを投稿する
記事:【エトジュン】恋と愛の違いについて結論が出ました。

お気軽にコメントをどうぞ。非公開(管理人のみ閲覧可能なコメント)にしたい場合は、ロックにチェックを入れてください。

  任意:後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人のみ閲覧可能)