無頼派メガネネットには教養を、リアルには感動を。あなたのリアルを書き換えるブロマガ、無頼派メガネをお届けします。 

【エトジュン】ギブアンドテイク恋愛論

   ↑  2015/09/27 (日)  カテゴリー: エトジュン
1.序論

1-1.概念を分析すること

別記事:九鬼周造『「いき」の構造』を読む

1-2.概念を仮定すること

ところで、「AかつBかつC→いき」(図5)というとき、いきという概念はAかつBかつCという言説(概念の集合)を表現している。すなわち、概念は言説の表現形態なのである。

図5


本節では、言説が形成される過程を見ることで、その表現形態としての概念がいかに形成されるのかを明らかにしたい。

さて、言説はすべて仮説として始まる。では、仮説はどのように形成されるのだろうか。今回は、アブダクションと呼ばれる推論形式を参照しよう。

米盛裕二によれば、アブダクションとは、ある意外な事実Cを説明するために仮説Hを発案し、仮説Hと事実Cの間に「Hが真であれば、Cは当然の事柄であろう」といえる関係が成り立つならば、仮説Hは真らしいと考える推論の形式である。

つまり、仮説Hが述べている事実・法則・理論が真であれば、事実Cが起こるのは当然であろうと納得できるとき、仮説Hを採択するのである。

このように仮説は、ある事実を説明するために発案され、採択されることで形成されるのだといえるだろう。

では、仮説はどのように言説となるのだろうか。アブダクションを科学的探究の第一段階として定式化したパースは、そこで形成された仮説を検討する過程として、第二段階の演繹と第三段階の帰納を位置づけている。

演繹とは、ある仮説が真であるとして、その仮説から必然的にあるいは高い確率で導かれる経験的な(観察可能な)諸帰結を予測することであり、帰納とは、演繹によって予測された諸帰結を経験的事実に照らして検証することである。

このように、ある事実を説明するために仮説を形成し、そこから導かれる諸帰結を予測し、それを経験的事実に照らして検証することが科学的探究の過程だといえるだろう。そして、その過程を経て実証された仮説が言説となるのである。

さて、言説の表現形態としての概念も、ある事実を説明するために仮定されるものである。そして、その仮定された概念から諸帰結が導かれ、それが経験的に検証されることで、より実証的な概念が形成されるのだといえるだろう。

1-3.恋愛について

それでは「恋愛」を分析してみよう。それは「何が恋愛か」を問うことであり、概念の集合として「恋愛」を捉えることである。

まずは、2つの行為、すなわち「あたえること(ギブ)」と「うけとること(テイク)」の集合として恋愛を捉えてみよう。

筆者の考えでは、これらの行為は「あげること(ギブ)」と「もらうこと(テイク)」を使って整理することができる。

たとえば「あたえること(ギブ)」は「うけとってもらうこと(テイク)」であり、「うけとること(テイク)」は「うけとってあげること(ギブ)」である。

ここで気になるのは、ギブはテイクであり、テイクはギブであるというパラドックスが生じていることだが、このパラドックスこそが恋愛の性質なのではないだろうか。

本論考では、ギブによるテイクを「恋」、テイクによるギブを「愛」と仮定し、これらの概念の集合として「恋愛」を捉えることにしたい。

2.本論

2-1.愛のむきだし

本節では、映画『愛のむきだし』を紹介しよう。本作は、2つの行為、すなわち「こたえること(ギブ)」と「もとめること(テイク)」の集合として恋愛を捉えた作品である。

これら2つの行為を整理すると、「こたえること(ギブ)」は「もとめてもらうこと(テイク)」であり、「もとめること(テイク)」は「もとめてあげること(ギブ)」である。

したがって、ギブによるテイクを「恋」、テイクによるギブを「愛」とすれば、「こたえること」は「恋」、「もとめること」は「愛」となる。とりわけ本作は「もとめること」を「愛すること」として描いた作品だといえるだろう。

別記事:園子温『愛のむきだし』を見る

2-2.こころ

本節では、小説『こころ』を紹介しよう。本作は、2つの行為、すなわち「あたえること(ギブ)」と「うけとること(テイク)」の集合として恋愛を捉えた作品である。

これら2つの行為を整理すると、「あたえること(ギブ)」は「うけとってもらうこと(テイク)」であり、「うけとること(テイク)」は「うけとってあげること(ギブ)」である。

したがって、ギブによるテイクを「恋」、テイクによるギブを「愛」とすれば、「あたえること」は「恋」、「うけとること」は「愛」となる。とりわけ本作は「うけとること」を「愛すること」として描いた作品だといえるだろう。

別記事:夏目漱石『こころ』を読む

3.結論

筆者の考えでは、概念は着眼点である。たとえば、本論考では、ギブによるテイクを「恋」、テイクによるギブを「愛」と仮定し、これらの概念に着目することで映画や小説を語ってきた。なるほど、概念は着眼点であり、筆者は独自の概念(着眼点)を仮定することで、議論を展開してきたのである。

また、映画『愛のむきだし』は「もとめること」を描いた作品であり、小説『こころ』は「うけとること」を描いた作品である。これらの行為はテイクによるギブであり、筆者はそれを「愛」と呼ぶのである。

(記事編集) http://buraihamegane.jp/blog-entry-91.html

2015/09/27 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑↑↑ |

コメントを投稿する
記事:【エトジュン】ギブアンドテイク恋愛論

お気軽にコメントをどうぞ。非公開(管理人のみ閲覧可能なコメント)にしたい場合は、ロックにチェックを入れてください。

  任意:後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人のみ閲覧可能)